>  > 興奮の理由は「状況」もある

興奮の理由は「状況」もある

興奮するシチュエーションもまた、風俗の醍醐味かなと思うんですよ。手コキされたり舐められたり。それらが気持ち良いのは当たり前ですけど、それだけじゃないんですよね。むしろ状況というかシチュエーションというか、「こんなシチュエーションは有り得ないんじゃ!」と思うようなシチュエーションで女の子に奉仕してもらえている。それが更なる興奮を生むんですよね。だから即尺とか結構好きなんですよ。シャワーを浴びておけば、いきなり登場した風俗嬢が即フェラをしてくれるんです。日常生活の中で目の前に現れた女の子がいきなりフェラをしてくれるようなシチュエーションなんてあり得ないじゃないですか。余程のイケメンでも有り得ないと思うんですよ(笑)でもそれが楽しめてしまうのが風俗の世界観。快感そのものよりも、その「状況」によってこちらが更なる興奮を覚えて余計ドキドキさせてもらえるっていう相乗効果が風俗の何よりの醍醐味なんじゃないかなと。

乳輪へのこだわりは半端じゃない

あくまでも風俗は快感重視なので、そこまで容姿やテクニックに対してこだわりを持っている訳ではないんです。ただ、一つだけちょっとしたこだわりを持っているんです。それは乳輪なんです。乳輪は出来れば小さい物であって欲しいなと。ただ、今は風俗店のパネルでも乳首を映していないケースもあるし風俗店のホームページでもそうですよね。バストトップまで映している方が稀なんじゃないですかね。だから実際にどうなっているのかはご対面して乳首、乳輪が露になってくれないと分からない部分なんですよ。それだけに、自分としても一か八かな部分はありますが、だからこそ良い乳輪の風俗嬢と出会えた時の感動は最高のものがあるんです。二ヶ月くらい前だったと思うんですが、E嬢の乳輪が本当に綺麗だったのを今でも覚えているんですよ。大きさ、色、形。乳首とのバランス。すべての面で完璧と言っても良い乳輪の持ち主だったんです。あれは舐め甲斐のある乳輪でしたよ。

[ 2017-02-15 ]

カテゴリ: 風俗体験談