>  > 性感マッサージのシチュエーション

性感マッサージのシチュエーション

性感マッサージに行きたくなるシチュエーションがあるんです。風俗はなんでも好きな「雑食系」な自分ですがとあるシチュエーションになると性感マッサージに行きたくなるんです。それは疲れていて、更には精神的にもストレスが溜まっている時。このシチュエーションは性感マッサージなんですよ。他の風俗でもストレス解消は出来ると思いますが、疲れていると女の子を攻めるのがちょっと億劫な気持ちになってしまうんです。でもストレスが溜まっているし性欲を発散もしたい。そんなシチュエーションであれば性感マッサージってことですね。性感マッサージはこちらが頑張ることもありません。相手の女の子が快感の絶頂まで何も言わずに連れて行ってくれるじゃないですか。だから相手に任せていれば良いんです。つまりは体力を消費することなく快感だけを満喫出来るので、疲れているけど風俗を楽しみたい時に都合の良い風俗だなって。だから最近よく利用していますね。

綺麗な夕陽と風俗と

その日の夕陽がとても綺麗だったのは今でも鮮明に覚えているんですよ。いつも会社を出る頃には真っ暗ですがノー残業デーということもその日は会社を出てもまだ夕方。それで余計夕陽の印象が強く強く残っているのかもしれません。でも夕陽が綺麗だなと思って急に思いついたのは風俗でした(笑)ここら辺、自分の情緒の無さにちょっと呆れてしまいますけど、でも自分らしいかなと。夕陽が綺麗だなとは思ったんです。でもそれだけじゃないんです。綺麗な夕陽と共に、せっかく早く仕事が終わったんだから何かしないと勿体ないんじゃないかなって気持ちにもなったんですよね。それならってことで風俗を楽しもうと。それに残業した後だと受付終了になってしまっている女の子も結構多いんですよね。風俗に行きたいって思っても現実的に難しいケースもあったりするんですけど、早く終わって女の子の選択肢も多かったので、風俗を選んだのも決して頓珍漢ではないかなと(笑)

[ 2016-10-24 ]

カテゴリ: 風俗体験談